タバコ(喫煙)によって頭皮が乾燥する!その理由とは?

禁煙 頭皮乾燥

100害あって1利なし!タバコを吸っていい事はありません。ましてや頭皮の乾燥に悩んでいるのなら絶対にやめるべきです。頭皮が乾燥するだけでなく、癌のリスク・老化スピードの促進・口臭・加齢臭なども引き起こします。

話がそれましたが、今回はタバコによってなぜ頭皮が乾燥してしまうのかについて説明いたします。

タバコを吸うと血行が悪くなる

喫煙すると血行の流れを悪くします。血行が悪いと何が起こるのかと言うと「頭皮に必要な栄養を届けられなくなる」のです。頭皮の細胞は日々生まれ変わっているのですが、それは栄養によるものです。

食事から栄養を吸収し血管を伝って頭皮に送られるのですが、血行が悪いと栄養が届かず、頭皮の細胞がうまく作られません。

また、栄養の優先順位は臓器が先となり、頭皮に送られる栄養は後回しになります。タバコを吸って血行が悪くなると、さらに栄養が行き届かないので乾燥してしまうリスクが高まるというわけです。

タバコによってビタミンCが失われる

ビタミンCは肌の細胞に必要な栄養なのですが、タバコを吸う事で失われます。ちなみに1日必要なビタミンCは約50mgなのですが、タバコ1本でほぼ失われてしまいます

ですので、1日に何本もタバコを吸っていると必要なビタミンCが摂取できず、頭皮に必要な栄養が届かなくなるのです。

※ちなみにみかん1個でビタミンCが30mg、キウイ1個で80mgとなります。いくら摂取しても、タバコを吸っていては補えません。

禁煙するのは難しいけれど

タバコをずっと吸ってる人にとって禁煙は難しいかもしれませんが、今は禁煙外来もあり禁煙しやすい環境が整っています。ちなみに私がおすすめする禁煙方法は、薬局に売っているシガノンパッチです。(薬剤師がいる薬局でしか売ってません)

張るだけで吸いたい気持ちを抑えてくれるので本当に不思議ですが、かなり効果がありますよ。ちなみにダウンタウンの松ちゃんもこれで禁煙に成功してます!

頭皮乾燥対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です