ホホバオイルの精製と未精製の違いって?頭皮の乾燥にはどっちが良いの?

精製 未精製

ホホバオイルには精製された物(無色透明)と未精製された物(ゴールデン色)があるのですが、その違いをご存知ですか?

安易に安いからと言って精製された(無色透明)ホホバオイルを使うのもどうかと思いますので、精製と未精製の違いをしっかりと覚えておいてください!

今回は、ホホバオイルの未精製と精製の違いについて、また頭皮の乾燥にはどちらかが良いのかについて詳しくご紹介していきます。

未精製のホホバオイルとは?

未精製のホホバオイルはゴールデンホホバオイルと呼ばれ、とろみがあり黄色い色をしています。低圧・低温の搾取方法で採取されるので、ホホバの栄養がたっぷり含まれているのが特徴です。

ホホバの栄養とは、肌の老化を抑えるビタミンE・ビタミンA・アミノ酸など、肌の調子を良くすると言われている成分です。

精製されたホホバオイルとは?

精製されたホホバオイルは、ゴールデンホホバオイルを搾取した時の搾りかすから作られるため、天然の栄養成分が失われているデメリットがあります。

しかし、まれにその有効成分で肌荒れを起こす場合もあるので、精製されたホホバオイルの方が良いと言う方もいらっしゃいます。

未精製のホホバオイルはホホバの栄養はなく、ワックスエステル(皮脂に近い成分)だけ含まれています。

頭皮の乾燥にはどっちが良いのか?

では、頭皮の乾燥には精製と未精製のどちらが良いのか?

これはお察しの通り「未精製」の方が良いです。

ワックスエステル(皮脂に近い成分)はどちらにも豊富に含まれていますが、未精製(ゴールデンホホバオイル)にはプラス天然の栄養が豊富で、その栄養が肌を健やかにする手助けをしてくれます。

また、精製されたホホバオイルは化学物質を使っていたりもするのであまりおすすめできません。

そして何より、未精製のゴールデンホホバオイルはオーガニック認定された物が多く、安全性の面でも高いのが特徴です!

精製されたホホバオイルよりも少しお高いですが、頭皮の乾燥を治していくならやはり未精製(ゴールデンホホバオイル)を使うようにしましょう!

まとめ

未精製のホホバオイルには、栄養+オーガニックという2つの特典が付きます。

どうせ使うのならより良い物を使った方が効果も高いので、未精製のホホバオイルを使うようにしましょう!

頭皮乾燥対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です