シャンプー後はドライヤーをしないと頭皮が乾燥する!その理由とは?

ドライヤー

シャンプーの後、ドライヤーしていますか?女性の場合は比較的ドライヤーをする人が多いですが、男性ともなるとめんどくさくてそのまま放置なんて方が多いと思います。

しかし、自然乾燥を繰り返していると頭皮が乾燥する原因にもなるので、めんどくさがらずドライヤーをした方が良いんですよ!では、なぜドライヤーをしないと頭皮が乾燥するのかを見ていきましょう。

ドライヤーをしないと頭皮が乾燥する理由

シャンプー後、濡れたまま頭皮を放置していると雑菌が繁殖し、それが原因で頭皮が乾燥する場合があります。

頭皮部分は髪の毛に覆われているので、自然乾燥にも時間がかかります。ジメジメの状態が長い間続くので雑菌が繁殖しやすく、結果頭皮の乾燥へと繋がっていくのです。よく髪の毛を乾かすと聞きますが、頭皮も乾かすのが正しいドライヤーの使い方なのです。

髪の毛を乾かす事もダメージを防ぐのに大切ですが、同じくらい頭皮を乾かすのも大事と言うのを覚えておいてください。

正しいドライヤーの仕方

ドライヤーをする事は大切ですが、間違った方法では髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいます。正しくやらなければ意味がないので、めんどくさがらずしっかり行ってくださいね。では正しいドライヤーの方法を見ていきましょう!

髪の毛から20cmから30cm離す

ドライヤーの温度はとても高温です。近くで当てればそれだけ乾くのは早いですが、ダメージを与えてしまうので、20cmから30cmは離しながら行ってください

一か所に当て過ぎない

ドライヤーの風を一か所に当て過ぎるのはダメです。いくら遠くからドライヤーをしても、一か所に当てていればそこだけ熱が高くなります。ドライヤーを動かしながら当てるよう気をつけて下さい。

頭皮を乾かすように

文頭でもお話しした通り、髪の毛だけでなく頭皮も乾かさなくてはいけません。やり方としては、髪の毛をかき分けながら頭皮に風を当てて乾かすようにして下さい。

そうすれば、髪の毛も自然と乾き、頭皮共に良い状態を保つことができます。

ホホバオイルを付けて熱のダメージを軽減させる

上手にドライヤーをしても熱風を当てているので、少なからずダメージは与えています。そこでダメージを軽減させるのにおすすめなのが、ホホバオイルを塗ることです。

濡れた髪と頭皮にホホバオイルを馴染ませてからドライヤーをすることで、熱からのダメージを防ぐことができます。

ホホバオイルが持つ天然の皮脂(ワックスエステル)が、髪の毛や頭皮に薄い膜を作り、乾燥するのを防いでくれるのです。

何もつけないよりも、はるかに髪の毛や頭皮の状態が良くなるので、一度試してみてくださいね!

使い方はホホバオイルの使い方をご覧ください。

頭皮乾燥対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です